パートなどの場合

改正貸金業法の総量規制では、専業主婦は非常にキャッシングやカードローンの申し込みがしづらくなってしまいましたが、正社員やパートなど、働いている主婦の場合は業者の判断にもよりますが、基本的に申し込みが出来ると考えていいでしょう。ただ、「安定かつ継続した収入があること」を条件としている業者がほとんどですので、短期のパートを点々としている場合などは安定していると見なされづらく、注意が必要です。
総量規制の趣旨は、借入が出来る金額の上限を年収の3分の1以内にすることです。そのため、キャッシングの申し込みが通っても、1社からの借入額合計が50万円を超えてしまう場合と、複数の業者から借りている場合は借入額の合計が100万円を超えるときは収入を明らかにする書類の提出が求められます。さらに、借入残高が10万円を超えた場合は一定間隔で業者の内部審査があり、場合によっては新たな借入を止められることになります。このため、特に扶養内のパートなどで収入の低い人の場合は、申し込みが通ってもほとんど借入できないということは十分あり得ます。
注意しなければならないのは、自営業を行っている場合です。キャッシングの利用目的は自由ですが、どこの業者でも「事業用資金を除く」というひとことが入っているはずです。もし、純粋に事業用に借入を考えているのならば、書類を用意する手間は必要ですが、個人事業主専用ローンがある業者もあります。そちらならば総量規制の対象にもなりませんので、選択肢のひとつとなりうるでしょう。

カテゴリー: キャッシング パーマリンク