2月 08

カードローンは保証人不要? 保証会社が保証人のかわりになる

銀行のカードローン、フリーローン、目的別ローンは、基本的に保証人はいりません。現在は不況の影響もあり、連帯保証人になってくれる人を探すのは大変な時代です。保証人なしで利用できるということで、多くの人が安心してカードローンを利用することができます。
昔はお金を借りる時には保証人をつけることがあたりまえだったので、他人の借金の保証人になってしまったばっかりに借金の返済に追われるという人もいました。
どうして現在のカードローンは保証人なしで利用できるのかというと、保証会社がついているからです。銀行のローンの申込み条件に、「保証会社の保証を受けられる方」という条件がついているのはそのためです。

2月 01

元金均等払いと元利均等払いについて

広く知られている方法に元金均等払いと元利均等払いがあります。元金均等払いとは、毎月払う返済金額のうち元金の固定をして返していく方法のことをいいます。元金を毎月固定することによって金利を抑えることができる反面、ローンによっては初期の段階から支払う金額が大きなるという特徴があります。元利均等払いは、毎月払う金額を元金と利息を固定して支払いを行っていく方法となり、月々の額が一定になるために金額の把握がしやすくなるメリットがあります。但し、初めは元金の割合が少なくなるために借入期間が長くなるということがあり、そのために支払う利息も大きくなるといるデメリットがあります。

1月 29

消費者金融と銀行カードローンの審査

病気や冠婚葬祭が続くとなかなか貯金がたまりません。
貯金がないと、いざという時にお金が必要になるととても困ってしまいます。
そんな時にローンカードを用意しておくと、いつでもどこでもキャッシングできるのでとても便利です。
銀行のカードローンは金利が低く限度額が高いので、ゆとりをもって借入や返済ができます。
しかしどうしてもお金がすぐに必要な場合は、少し金利が高くても入金が早い消費者金融に申し込むといいでしょう。
銀行カードローンは、返済能力があるかじっくり調査するので審査に時間がかかりますが、消費者金融の場合は、コンピューターが審査することもあるので、審査時間がとても早いです。
審査にはどこの金融機関でも在籍確認があります。
在籍確認とは申し込み用紙に書かれた職場に、担当者が電話で本当に働いているか確認するものですが、消費者金融では給与明細書や社員書などを提出することで在籍確認を終了する所もあります。
それに対して銀行カードローンは、厳しく在籍確認審査をおこなうので、どうしても審査に時間がかかってしまうというわけです。
銀行は自動契約機を置いていない所も多いので、銀行の営業時間内でしか審査できないことも多く、審査に時間がかかります。

1月 26

家族に内緒でカードローンを借りている人は多いのか?~やはり専業主婦は秘密にしたい

家族に内緒でカードローンを利用するわけ

クルマや家のローンですと、家族に内緒にする必要はないでしょう。
高額な買い物をするとき、ローンを組むのは常識です。
お金持ちは何でも一括で購入しますが、日本でお金持ちと言われる人は100人に1人もいません。
ローンを組むのは当たり前のことですが、それがカードローンとなると事情が変わってきます。
カードローンと聞くと、サラ金をイメージする方が多いでしょう。
カードローンやキャッシングを含めてサラリーマン金融と呼ばれていた時代もあり、これは現在の消費者金融のことです。
なぜカードローンのイメージが悪いかというと、金利が非常に高いことが一つの理由です。
昔は実質年率29.2%という超高金利が当たり前でした。
100万円を借りている場合、1年間で29万2,000円も利息がついてしまうのです。
実際には毎月返済するので、利息はもっと少なくなりますが、大きな利息であることに変わりはありません。
また、即日借入カードローンの用途は多目的であり、好きなことに使うことができます。
ギャンブルをする方が利用するローンという認識も広まり、家族に内緒で借りたいと考える方が多いわけです。
個人の消費用のローンという位置づけなので、人に話す必要性がないのも理由でしょう。